音声ガイドは株式会社カセットミュージアム 京都観光音声ガイドや美術館・ポップカルチャー音声ガイド

お問合せ
  • 平家物語ゆかりの東山探索

    円山公園―平家残影

  • 平家物語ゆかりの東山探索

    長楽寺―建礼門院哀歌

  • 平家物語ゆかりの東山探索

    三十三間堂―後白河法皇法住寺御所

平家物語ゆかりの東山探索

京都 歴史を訪ねる
  • 平家物語ゆかりの東山探索

    円山公園―平家残影

  • 平家物語ゆかりの東山探索

    長楽寺―建礼門院哀歌

  • 平家物語ゆかりの東山探索

    三十三間堂―後白河法皇法住寺御所

時は12世紀末、武家の台頭によって世の中は大きく動いていました。治天をめぐる男たちの野望、その陰で、引き裂かれる恋人たち、父と子、母と子…
ひとときの栄華の誇った平家の拠点・六波羅をはじめ、東山に残る『平家物語』ゆかりの地をご案内します。

平家物語ゆかりの東山探索の見どころ

平安末期の移りゆく時代の栄枯盛衰を描いた『平家物語』。

その舞台のなかから、八坂神社近くに今も残る忠盛燈籠、建礼門院ゆかりの長楽寺、平家一門の邸宅が建ち並んだ六波羅、そして後白河法皇の法住寺御所へ。

枝垂れ桜で有名な円山公園。その昔、この一帯は、真葛やすすき、茅、萩などが一面に広がる原野であったため、真葛ヶ原と呼ばれていました…。

愛する子も母も冷たい海の底に消え、ただ一人、京都に連れ戻された建礼門院徳子は、長楽寺で一族の菩提を弔いました。

平安末、一大権勢を誇った平家の屋敷が建ち並んだ六波羅の地。平家物語の世界へご案内しましょう。

音声ガイドをご試聴いただけます!

トラック1『円山公園―平家残影』